お酒に酔っている時に電話をかける男性の心理とは?

お酒を飲んで、酔っぱらっている男性から電話が来た経験はありませんか?

お酒を飲むと、なんだか寂しくなって誰かと話したくなる時はありますが、お酒に酔っている時に電話をしてくる男性の心理には、どのようなものがあるのでしょうか?

自分に、気があるのか?

それとも、ただの酔っ払いなのか・・・。

電話を受け取った女性は、相手の男性の本音が知りたいものですよね。

そこで、今回は「酔っ払いの男性が電話する時の心理について」ご紹介します。

お酒に酔っている時に電話をかける男性の心理とは

酔っぱらった男性が、女性に電話してしまう時の本音は、様々あります。

今回は、5つをご紹介したいと思います。

本音1・甘えたくなる

普段は、しっかりとしている男性でも、やっぱり女性に甘えたいという願望はあるものです。

そこで、酔っぱらった勢いに任せて甘えてしまおう!という心理が隠れている事があります。

もし、女性に後日何かを言われても、「酔ってたから」と照れ隠しも出来ちゃいますからね。

なので、お酒の勢いに任せて甘えちゃう男性も多いはず!

本音2・寂しいから

次に、お酒が入るとなんだか誰かと話したい!という気持ちになったり、誰かの温もりが欲しいと感じる事がありませんか?

男性もお酒が入る事によって、そんな気持ちが芽生え、電話してしまっているのです。

あなたと話したい。

自分の話を聞いて欲しい。

という心理が隠れているのです。

「運命の人」は二人いる
一人目の運命の人は「愛を失う辛さを教えてくれる人」
二人目の運命の人は「永遠の愛を教えてくれる人」

今、隣に居る人は『運命の相手』なのか?それとも、昔別れたあの人だったのか?
気になる『運命の人』を今なら【初回鑑定無料】で占ってもらうことが出来ます。
※無料で鑑定できるのは今だけ!
色々な選択肢があるので「運命の出会いを探すあなた」を選んでね。

本音3・あなたに好意を抱いているから

これは、もう電話の相手に好意を抱いているから!というストレートな理由です。

普段はなかなかアプローチが出来ないような男性でも、お酒に酔った時の勢いで、アプローチをしてしまう事もあります。

あなたの声が聞きたい。という本音がそこには隠れているのかもしれませんね。

※あなたに好意を抱いている場合、こんな態度にも現れます。詳しくは、「男性が好きな人にとる態度のよくあるパターン5つ」も読んでみてください。

男性が好きな人にとる態度のよくあるパターン5つ

本音4・話を黙って聞いてほしいから

自分の話を黙って「うん、うん」と素直に聞いてくれる女性に電話をかけている場合もあります。

自分の話をとにかく聞いて欲しい。

自分の気持ちを素直に話せる女性が居るのなら、その人に自分の話を聞いて欲しい!という理由で電話をかけてしまう場合もあります。

本音5・自分に好意を抱いているであろう女性だから

最後に、自分に対して好意を抱いてくれているであろう女性に電話をする場合もあります。

これは、自分のことが好きだから言う事を素直に聞いてくれる。という気持ちがあるから。

甘えたい時や話を聞いて欲しい時など、自分に好意を抱いてくれているであろう女性は何かと、都合がいいですからね。

それに、やっぱり自分のことを好きでいてくれている女性と話すことで、自信がついたりするので自信を無くしている時に、そういった人と話したくなるものです。

お酒に酔った男性は、素直になる

お酒が入って酔っぱらうと、素直になる男性は多いようです。

普段言えないような事が言えたり、普段隠している甘えん坊な姿を見せてしまったり、あなたに対してアプローチしたりなど、素直にそして大胆になる男性もいるようです。

素直な気持ちで電話しているので、キライな相手に電話する事は少ないので、少なくとも電話の相手に好意は抱いているはずです。

それが、ラブなのかライクなのかは、分かりませんが、あなたに対して良い印象を持っているのは確かです!

もし、電話してきた男性が好きな人だったら、脈アリかもしれないのであなたからアプローチしてみてもいいかもしれませんね!

でも、自分からデートに誘えない!好きだなんて言えない!そんな時は、「男から”デートに誘ってもらう”ための「誘導テク」5つ」や「発展しない恋に!男から”告白”させる「誘導テク」5つ」を使ってみてください。

※他にも気になる異性の気持ちや恋愛テクがあったら、「【早見表】恋愛のテクニック一覧表」から探してみてくださいね。
【早見表】恋愛のテクニック一覧表