1116のエンジェルナンバーの恋愛の意味は「責める気持ちは執着心へと」

1116のエンジェルナンバーばかり見る人へ!

私たちに様々なきっかけを与えてくれる「エンジェルナンバー」ですが、その内容は数字の並び方によって異なります。

買い物のレシート時間、車のナンバープレートなど日ごろから多くの数字に接している私たち。

そんな身近な数字というツールを用いて、天使が伝えてくれている事はどんな事なのでしょうか?

当ブログでは、主に恋愛に特化した意味についてご紹介しています。

そこで今回は、恋愛における1116のエンジェルナンバーの意味についてご紹介します。

【スポンサーリンク】

エンジェルナンバー1116の恋愛の意味

1116の恋愛メッセージ

エンジェルナンバー1116と何度も出会う時は、「執着心を手放してください。執着心を手放し愛する事に意識を向けて下さい。しかし、深い愛情と執着は、まったくの別物だという事を決して忘れないでください。今愛する人や好きな人が居る場合は、特に執着心を持ってしまう事で相手がどんどん離れてしまいますので注意が必要です。相手に対して好きだという気持ちを伝える前に、自分の心の中をしっかりと整理する事が必要なようです」と教えてくれています。

好きな人が居るけど、なかなか自分のことを見てくれない。

どうして?

なんだ?私だけ?

私はこんなに愛しているのに!!!なんて、いう気持ちがどこかで芽生えてきてしまっているようであれば、それは愛情ではなく執着心へと変化しつつある気持ちを表しています。

もし、そんな気持ちが少しでもあるのなら、相手に対して告白、つまり好きだという気持ちを伝える事をする前に、自分の心の中をしっかりと見つめ直し、整理する事がまずは必要なようです。

執着心と深い愛情は全くの別物だという事を忘れないでください。

そして、執着心は、相手を苦しめ最終的には自分をも苦しめてしまいます。

そうなる前に手放し、心をしっかりと整理してほしいと天使が警告のサインを送っています。

・執着心を手放すには?「引き寄せの法則で「恋愛」を成就させるコツとは?」に詳しく記載したので参考にしてください。

・もし彼女や彼氏に執着してしまっているのなら「恋人に依存してしまう原因と彼女や彼氏に依存しない方法とは?」を参考にしてみてください。

【スポンサーリンク】

相手からの愛情は当たり前ではない

自分の好きな人、つまり片思いの相手であったり、恋人同士の関係であっても、相手が自分を好きになってくれたり、自分を好きでいてくれる事は決して当たり前の事ではありません。

自分がこんなに好きで愛しているんだから、相手も同じように私を好きになって!という自分よがりの気持ちは、相手を苦しめ更に距離を遠ざけてしまいます。

相手があなたの傍に居てくれる事は奇跡ですし、相手が自分のことを好きになってくれる事も奇跡なのです。

なので、思い通りに事が運ばなかったとしても、自分や相手を責めないでください。

その責める気持ちが執着心を生み出していくのです。

【スポンサーリンク】

まとめ

エンジェルナンバー1116が教えてくれている事は、『片思いの相手や彼氏、彼女などのパートナーがあなたを好きになってくれる事は奇跡ですし、あなたを好きでいてくれている事も奇跡なのです。当たり前のことだ!と勘違いし、自分の思い通りに事が運ばない事で相手や自分を責める事は辞めて下さい。その責める気持ちが執着心を生み出してしまいます。執着する心が少しでもあるのなら告白をする前にしっかりと自分の心の中を整理する必要があるようです』と伝えてくれています。

あなたの中で、相手に対しての愛情がとても深いものになっているようです。

そのため片思い中の人は、相手にその気持ちを伝えたくてしょうがない時かもしれません。

しかし、一度冷静になって自分の心の中をしっかりと見つめ直してみて下さい。

相手に対して執着してしまっている部分はありませんか?

相手が自分を好きになってくれる事が当然。どうして好きになってくれないの?どうして私を見てくれないの?

どうして私だけを好きになってくれないの?

なんて、相手を責める気持ちが少しでもあるのなら、告白をする前に、自分の心の中をしっかりと見つめ整理する必要があるようです。

これは、恋人が居たり結婚している場合も同様です。

相手に対して、当たり前だと勘違いし求めすぎてしまったり、求めた事が現実にならないと相手を責めてしまったりなど、付き合いが長ければ長いほど、相手の存在が当たり前になって、相手の存在への感謝を忘れてしまいがちです。

相手を責める気持ちがやがて、執着心へと変化してしまうので、そうなってしまう前に注意してほしいという警告でもあるのです。

パートナーがあなたの隣に居てくれる事は、当たり前のことなんかではないのです。

それを決して忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です